-> TOP PAGE
RSS

セッション記録

スポンサーサイト

記入日:--.--.-- ---:-- [スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウチクビミサキ

記入日:2017.04.16 -10:43 [百鬼夜翔
プレイ日 2017.04.01  << 突発 >>
システム GURPS百鬼夜翔
GM ゆっくり(仮) 獲得経験点4
PC 時雨 あめ (G) 獲得経験点4

小速川 ごんのひょうえ ひであき (マッソ) 獲得経験点4

九十九 未空 (桜沢) 獲得経験点4

ゆかり (Mee) 獲得経験点4
カップルは打ち首となる。
そんなシナリオのはずだった。
【ネタバレ注意!続きを読む:ウチクビミサキ
スポンサーサイト
Comments:[0] / Trackback:[0]

再会トラジェディ

記入日:2016.01.30 -23:59 [百鬼夜翔
プレイ日 2016.01.30  << 定例 >>
システム GURPS百鬼夜翔
GM 青いゴッグ 獲得経験点6
PC 貴船 美津羽 (マッソ) 獲得経験点6

キミタケ (ゆっくり(仮)) 獲得経験点6

卯月 柚 (とうふ) 獲得経験点6
「あいたい」と願ったのは一匹の猫。
「あいたい」と願ったのは一人の少女。
望まぬ別れから月日が流れ、一匹と一人は同じ町にいた・・・




「さてさて皆さまお立会い。今夕、皆様にお話しいたしますのは悲しい悲しい物語・・・」

夕暮れ時の公園で、自転車に乗せた紙芝居を披露する男がいた。
今は珍しい紙芝居屋である。
青い服装で統一された男が、ろうろうとした語り口で語るのはすれ違いが呼んだ悲しい物語。




一匹と一人の物語の幕が上がる。
それは別れの物語。
Comments:[0] / Trackback:[0]

望み生まれたわけでなく

記入日:2015.08.09 -22:17 [百鬼夜翔
プレイ日 2015.08.09  << 定例 >>
システム GURPS百鬼夜翔
GM 包丁 獲得経験点4
PC 灰硯法師 (ミサイル) 獲得経験点4

貴船 ミツハ (マッソ) 獲得経験点5

須藤 枸子 (とうふ) 獲得経験点5

キミタケ (ゆっくり(仮)) 獲得経験点5
『あら、大丈夫ですか?』

やさしい声をかけられることなど、初めてのことだった。

この世界にたまった毒をまき散らし、世界を汚染することの愚かさを後悔させ
人々の苦しみや恐怖の声を聴き、やがて現れる”正義の味方”に倒される。

その役割に不満はなく、勝てない勝負を繰り返す。


だが… そう、繰り返される再生の中のこの一瞬、唐突に思ってしまった。

”一度くらい、いいことをしてもいいんじゃないか。”
”たまには、正義の味方の真似をしてみても…”


やってみた。

”できた”

その人の中にある強力な毒素。大きな病を吸い出すことができた。
わたしは、彼女にとって正義の味方になれるかもしれない。


後悔した。

”やっぱり、わたしは怪人だった。”

身体の中にたまっていく毒は、解放しなければ自分自身をも害していくのだ。
このままでは、溢れた毒は今まで通り人々に恐怖を与えるものになってしまう。


彼女はやさしい人だ。きっと、真実を知ればわたしを責めるだろう、それだけならいい。
自分自身を責めてしまうかもしれない。


ならば、わたしは”黙って”消えよう。溢れてしまった毒に気づいてきっと”正義の味方”がやってくる。

怪人として、望み生まれたわけではないが。今回だけは、自らの意志で役割を演じよう。

Comments:[0] / Trackback:[0]

存在のあり方(Re

記入日:2013.08.17 -23:59 [百鬼夜翔
プレイ日 2013.08.17  << 定例 >>
システム GURPS百鬼夜翔
GM 包丁 獲得経験点6
PC 神本 了 (有檻) 獲得経験点6

キミタケ (ゆっくり(仮)) 獲得経験点6

須藤 枸子 (とうふ) 獲得経験点6
とっても、とっても暑い夏の日。とっても深いきりの中で
ぼくは、”鬼”に会ったんだ。


Comments:[0] / Trackback:[0]

咎人たちと宵闇の鬼

記入日:2013.01.13 -23:59 [百鬼夜翔
プレイ日 2013.01.13  << 突発 >>
システム GURPS百鬼夜翔
GM とうふ 獲得経験点3
PC 狩野 一 /霽月 (青いゴッグ) 獲得経験点3

ラリー=ブレイン (たんたん) 獲得経験点3

九十九 未空 (桜沢) 獲得経験点3

レピ=イリヤ (清澤◆★) 獲得経験点3

北条 鉄 (マノール) 獲得経験点3


 闇に生きる“物の怪”、それを追う“狩人”。
 憎悪と報復の輪廻の中で、やがてその立場すら混じり合い、元の形を失っていく。
 “人”として生きることをやめた罪深き“狩人”。
 “鬼”としての誇りを守るため、罪に手を染める“物の怪”。
 心に闇を抱いた者達の辿り着く場所とは。

 
 久しぶりの自作百鬼シナリオ。過去の清算ということで、一区切りつけました。


 リロードはしません。







Comments:[2] / Trackback:[0]
TOP次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。