-> TOP PAGE
RSS

セッション記録

約束された孤独(Re:

記入日:2016.08.14 -23:59 [エバーグリーンファンタジー
プレイ日 2016.08.14  << 突発 >>
システム GURPSエバーグリーンファンタジー
GM 桜沢 獲得経験点3
PC ティファリス (桜) 獲得経験点3

ヤト=ガザミ (マッソ) 獲得経験点3

キリト (緋色) 獲得経験点3

ブラン (如月怜) 獲得経験点3
 さほど大きくない森に隣接する、小さな街。
 旅人たちが訪れたその街には、一人の巫女が住んでいた。
「世界の、ために──」
 呟く少女の声は、小さく、儚く。
 そして、その声を聞くものはいない。
 やがて朝日が彼女を照らす。
 そこに浮かぶのは、迷いと、不安。
 その目に映るのは、誰もいない世界に一人残る己の姿。
 出た答えは──

6年前の夏合宿に回したシナリオのリロードです。
セッション記録しか残っていない状況でシナリオ回すというのも、なかなか暴挙な感が否めませんが、そこはそれ、ということで一つ(
今回は約9時間でした。ぐぬぬ…。
なお前回のセッション記録はこちらです。
第1回
* * *

 1年もすれば、世界は滅びてしまう。と、まことしやかに囁かれるようになった、ある日のこと。
 長らく巫女に仕えてきた男・デクスターは、世界に人類という種を残すべく、主にある提案を投げかける。
 それは、複製による人類の再生。
 対象の血から複製を作ることのできる巫女を、破滅の日よりも先に生き延びさせる。
 そして残しておいた血を用いて複製を作り上げ、子を産ませ──いつか、繁栄を取り戻す。そんな未来絵図。
 巫女は自分一人がオリジナルとして未来を生きることに躊躇したものの、やがてはその計画に乗る道を選ぶ。
 それこそが、自分のできる唯一の「世界滅亡への対策」だと信じて。

 巫女の複製は、その計画を知らない。自分が複製であることも知らない。
 だから、このところ占いをすると妙に疲弊する理由が思いつかない。その力が、オリジナルの記憶に比べて遥かに劣る理由が浮かばない。
 かくて、彼女は占いを続ける。知らず知らずのうちに、その命を削りながら。

 PCたちは調査の末、計画の大筋を理解する。
 しかしそれは、計画の遂行を目指すデクスターにとっては、放置できない問題だった。
 血は複製を作れる他、相手を呪うなどの負の利用方法があるからだ。
 それを知るものに情報が漏洩すれば、この計画はたちどころに潰されてしまうだろう…。
 だからこそ、不利なのは承知のうえで、彼はPCたちを殺そうと試みる。
 計画を、成就させるために。

 戦いの末に倒れた彼を、PCたちは殺さなかった。
 それどころか、計画続行も可能なままに。
 旅人は旅に戻り、その後の計画の推移は不明である…。

☆NPC☆
アゼイリア(オリジナル) 17歳・女
 血液から複製を作る能力を持つ巫女。
 デクスターの人類再生計画に同意し、カプセルで眠りにつく。
 このシナリオ中では目覚めないため、会話をすることはできない。

 将来一人が約束された少女。
 ま、世界が滅びればそもそも目覚める前に死んじゃうのだろうけれどね。

アゼイリア(複製) 外見17歳・女
 4ヶ月前、デクスターが計画を打ち明ける前に採取した血から作られた複製。
 計画のことどころか、自分が複製であることも知らない。それより前の記憶はオリジナルを受け継いでいるため、バートの複製を作ったことなどは憶えている。
 複製故に、さまざまな力がオリジナルと比べて劣化している。
 今回は計画の全てを知らされ、自身がオリジナルでないことまで理解し、残りわずかな寿命をどう生きるかを考えることになった。

 今作のメインヒロイン。彼女の処遇が、今回のキーポイントの1つです。
 全てを知った上で、彼女は今後も予言を続けていくことを選びます。予言をするという行為そのもの、というよりは、それを通じての町の人たちとの交流が、彼女の幸せの在り方なので。
 世界が救われたとしても、滅びなかった世界を満喫することなく寿命を迎えることが約束されています。

デクスター 49歳・男
 アゼイリアに仕える男。今回の“計画”を思いつき、実行に移した。
 PCたちに破れた後、計画を続行するものの、アゼイリア(複製)が崩壊しないようにしながらのため、それほど血が集まらない模様。
 その対策として、彼が新たな策を打ちたてるかは──現時点では、不明である。

 今回のラスボス。今回も戦闘強めのPCが多かったからそんなに強く感じなかったと思うけど、まぁこんなものかなぁと。
 今のところ、非道な手段を用いることはありません。

クライフ 18歳・男
 アゼイリアに恋愛未満の感情を抱いている装飾品屋さん。
 自分の気持ちを確かめるために話をしに行ったら地下室を見てしまい、慌てて逃げ帰ってきた。
 以来狙われたりしたら怖いので4ヶ月ヒッキーw
 今のアゼイリアが複製であることを知らなかったが、全て暴露されたため理解してしまう。

 アゼイリアに対して抱いている想いが恋愛感情なのかどうかを、今後は探りながら生きていくことになるでしょう。
 全てを知ったため、まずはそれを自分の中でどう折り合いをつけるか、からスタートですが。
 あ、お金が溜まったらエファに逢いに行くかもしれません。こっちは恋愛感情はさらさらないけどw

バート 44歳・男
 かつて事故で死んだ男の複製。死後の血から作成したため、寿命が1年程度しかない。
 そのことを告げられ、妻と別れたり、別の街に住む息子に手紙を送ったりといった身辺整理をしていた。
 最後の夜を酒場で堪能した後、朝になっても自宅に帰らず人のいないところ(小さな空き地のような場所)で今までのことを思い返し、昼前に消滅した。
 今のアゼイリアが複製であることは知らない。

 アゼイリアが複製を作ることが可能、という情報を入手するルートの1つでした。
 まぁ直接侵入すればわかるので、会わなくても平気なNPC。

ロック 21歳・男
 バートの息子。
 しばらく前から他の街に修行に出ていたが、父からの遺書めいた手紙を受け取り、急いで戻ってきた。
 全てを明かされ、悩んだのちに母親と再会し、真実を告げ…一度は修行元へ戻るけれど、遠くない未来にこの街へ帰ることになる。

 バートの息子で、前回は名前決まってませんでした(
 母親を陰ながら支えるために、そのうち戻ってくるでしょう。

エファ 18歳・女
 近隣の街の宿屋で給仕として働いている娘。
 クライフの幼なじみで、幼い頃は彼を引き連れていろんな悪さをしていた。
 宿屋で働くようになって3年もたつのに、一度も顔を見せないクライフにちょっぴりおかんむり。

 彼女とクライフのとこには恋愛フラグは用意していませんでした。
 そのへんは脳内補完でご随意にw

☆PC☆
ティファリス
 有能なお付きの少年を連れ歩く見た目14歳(実20歳)の合法( なお姫様。
 圧倒的善人力でPCの良心でした。あなたがいなければ、デクスターは死んでいたかもしれません。アゼイリアにかける言葉に困ってしまうのも、世間にもまれてない感があっていいと思います。

ヤト=ガザミ
 傭兵の中では知らぬ者のないくらい有名な剣士。
 ぶっきらぼうで他人をあまり気にしないタイプに見えて、デクスターを殺さなかったり、クライフに全ては明かさなかったりと、人の好さが見え隠れしていました。残忍との折り合いをつけるのはときに大変かと思いますが、頑張ってください。

キリト
 人並みの体格のくせに、平然と凶悪なダメージをナイフで叩き出す戦士。
 平然と全てを全員に暴露してくスタイルは、これが他人に興味を持たないってことなのかなぁと思いながら見てました。ただ暴露するだけでなく、フォローまである程度していくあたり、考えずにしているわけではない感があっていいですね。

ブラン
 1年後には王様になる予定の、旅する王子様。
 怪しい雰囲気とナチュラルな言動・行動から、実に誤解されやすい人ですねw でもなんだかんだで面倒見のいい人だと思いました。あと二刀流強かったです。

☆最後に☆
 7時間のつもりが約9時間。もっと早めに情報出していくべきだったかな、という反省はありますが、PLのみなさんがたくさんロールしてくれたので満足です。
 気が向いたらまた参加してやってくださいませ。
Comments:[0] / Trackback:[0]
この記事に対するコメント
名前:
コメント:

   
この記事へのトラックバック
トラックバックURL: http://hypslog.blog75.fc2.com/tb.php/1049-ba20857e
TOP