-> TOP PAGE
RSS

セッション記録

テニヌオブベースボール2

記入日:2015.04.05 -23:59 [神我狩
プレイ日 2015.04.05  << 突発 >>
システム 神我狩
GM ぽんず 獲得経験点382
PC1 萩宮青衣 (桜沢) 獲得経験点382
PC2 橘右圭 (マッソ) 獲得経験点382
PC3 オヤシロサマ (ゆっくり(仮)) 獲得経験点382
◆シナリオ概要
 野球の試合がおかしい。
 HRは天井を突き抜け、ピッチャーの球速は時速200kmを記録する。
 まるでカミガカリ同士の超人プロ野球。しかしそこには一つの大事な約束があった
 武装伝奇RPG神我狩「テニヌオブベースボール2」

PC達の世界干渉LVの平均:8
※1はどこだよ?とか言っちゃいけません。とても楽しかったのでリロードもやりたいです(笑)
 いやぁまさか9時間もかかるとはね……。
◆あらすじ
 池鴉カリキュレーターズは開幕から破竹の4連勝を続けていた。4戦全てをエースである宮本雅史が完封し、2日に行われる公式戦でも登板予定だ。時速200km超えの直球と七色の変化球を誇る宮本を誰も打てずにいた。そして最強の打線陣も宮本を援護する。打てばHRの安倍、打率1.00のリーダー坂川、カリキュレーターズの5戦目の勝利は確実なものと思えた。
 オヤシロサマはNEXUSの逢坂総司から、池鴉の街に強力な不死のモノノケが発生しているので対処にあたって欲しいと頼まれる。
 橘右圭は、過去に自分がカミガカリとして覚醒するきっかけになったアラミタマ、「悪意のヤミカ」が池鴉内に未だに潜伏しており、密かに活動を続けていることを知らされる。自分は奴を倒せるほどに強くなったのだろうか……?そう自分に問いながら右圭は調査を開始した。
 萩宮青衣は友人にしてクラスメイトの篠崎春恵から、池鴉カリキュレーターズの大勝ぶりを知る。詳しく聞いてみるとどうやら人間離れした身体能力をほこっているらしい。しかし青衣は野球にそれほど詳しくないので、へー凄いねぇと華麗にスルーした。
 そんな中でも池鴉の街はカリキュレーターズへの熱気に湧き続け、裏では不死のモノノケによる霊魂奪取が頻発していた。何故、カリキュレーターズの選手たちはとてつもない身体能力になっているのか?何故、全国の野球ファン達はオソロシイ身体能力の彼らを見て疑問に思わないのか?何故、不死のモノノケ達は街中で暴れてるのか?そして、「悪意のヤミカ」は何処に居て何をやっているのか?
 全ては、3年前から始まった……。

◆真相
 天津ビィーナスズのエース、江戸川卓也は今晩行われる池鴉カリキュレーターズとの試合にどうしても勝ちたかった。何故なら翌週に手術をすることを決断した病気の娘篠崎球子を、自分の力投で勇気づけたかったからだ。
しかし敵チームのカリキュレーターズは常識では考えられないほどの強さを誇り、前日のチームの敗北を見る限りビィーナスズか勝つことは難しそうだ。
そんな彼に絶対に今回の試合で勝てるようにしてやろうと甘言を働く男、宮野恭介が居た。宮野恭介は数年前一度討伐されかかって以降、人間の姿を取り池鴉に潜伏し続けているアラミタマであり、神名は悪意のヤミカ。宮野は数年前、偶然にも目にした連盟の資料から、卓也の中に全ての超常存在からの攻撃を無効化する最悪の法則障害の術式が眠っていることを知る。それがあればかつて己を討伐しようとした憎きカミガカリに復讐し、世界を滅ぼすことが可能になると考えた。そのため魂の契約で卓也の身体を奪い取り、禁呪を発動しようとしている。
カリキュレーターズが常識的に考えるより強くなっているのは、ヤミカの法則障害によるものであり、卓也を追い詰めるためのものだったのだ。また、彼に勝利を約束させた篠崎球子はヤミカが成り代わっていた宮野恭介の死んでしまった妹であり、彼の記憶を読み取って再現している。
このシナリオは、アラミタマ「悪意のヤミカ」を討伐することで終了する。

◆PC・NPC紹介
萩宮青衣 種族:英魂 称号:アークスレイヤーB/ドラゴンキャリアA
 西園寺興信所に所属する自称アラミタマな女子高生。強いアラミタマを倒し、断片を獲得すること第一に考えている。
 今回は安定のPC1枠でした。妹の存在にいち早く気がついて家に忍び込むなど、割りとクリティカルな行動が多かったです。卓也の説得に一生懸命になってくれたのは嬉しかったです。惜しむべくは時間が差し迫ったせいで、卓也が契約する瞬間に誰も居合わせられなかったことですかね……。少し厳し目に時間設定したこともあり、それをすることは難しいとは思いますが。
 戦闘では自分だけは絶対生き残るマンとして、ボスの攻撃がまともに当たりませんでした……(悲しみ)。やはり抵抗半減しかないのか……。

橘右圭 種族:人間 称号:アークスレイヤーB/ドラゴンキャリアB
 シキミと特対の橋渡し役な警官であるヘタレな男性。一般人を守ることを第一に考えるとても良い人。
 唐突にOPに覚醒シーンをやって、因縁のあるアラミタマが出てきたり。とても美味しい出目に振り回されたり、お疲れ様でした!正直、最終戦闘時の2回ファンブルはどうしようか迷いましたよ……。なんとか帰ってきていただいてホッとしました。
 今回はミドルでのメタ読みが結構外れていたなぁ、というのがある意味ヘタレでしたw戦闘では苦手な範囲攻撃でもなんとか頑張ってました。命中が低いのは、火力に振ってる分しゃーないですね。これからも一般人絶対守るマンとして頑張ってください。

オヤシロサマ 種族:神霊 称号:ディバイントーカーA/エレメンタルアデプトA
 たくさんの信者を有する、池鴉の土地神。最初期からいるキャラの割に未だに最強説が囁かれているオソロシイ万能キャラだ。
今回は リベクル終わってからの初セッション。シロが遠方に行っている間に、池鴉では強いカミガカリがたくさん生まれたね。それでもシロは最強でした。
 戦闘面では複数に高火力の攻撃と回復を飛ばしまくる姿は獅子奮迅といった感じでした。ミドルでも圧倒的な知性で回りを引っ張ってました。失敗としては、ボスの識別判定に失敗して《擬足副椀》が抜けなかったことと、【生命力】を読み違えていたせいで回りを倍振りさせてしまったことですかね。ボスの【生命力】は576もあったのだ!驚け~!

江戸川卓也
天津ビィーナスズのエースピッチャー。天才や平成の怪物などと呼ばれる前年度沢村賞投手。バッティングにも自信があり、通算HR数40本と投手としては考えられない数値を残している。
昨年度成績 打率:.275 勝利数:19 敗北数:6 防御率:2.17 投球回:212
元々、温厚で自信に溢れた好青年だったが、カリキュレーターズの強さを見て自信喪失してしまっている。しかし今回の事で、真に信じるべきなのは自分の今までの努力だと気付き、一皮むけたのかもしれない。
天津市にある天津家の分家の分家であり、その身体には祖先が自らの血に隠したという禁呪の一部が眠っている。あの門への鍵とも呼ばれるこの禁呪を巡って今回の事件は起こった。

篠崎球子
重い心臓病に罹っており、来週の月曜日に手術をすることとなっている。天津ビィーナスズのエース江戸川卓也の大ファンである。車椅子に乗って移動する。
小柄で茶髪で長髪の、おとなしい少女。
実はアラミタマの見せている幻影であり、法則障害を解くことによって消滅した。実は居ないはずの兄の記憶を持っており、彼女に突っかかっていくとそれがわかったかもしれない。

篠崎春恵
明るい短髪の女の子。池鴉カリキュレーターズのエース、宮本雅史の大ファン。例えチームが負けたって応援し続けるよ、ファンだもの。

「悪意のヤミカ」 種族:アラミタマ
 東京にある天津市の星宮神社に封じられていたアラミタマ。死者の怨霊がとあるカミガカリの身体に宿り生まれたらしい。星宮神社に封じられていたはずの彼がどうやって抜け出し、また今回の事件を引き起こしたのかは不明である。

宮野恭介
健康飲料会社ヤフルトに勤める男性。営業マン。26才、独身。しかし実際は3年前からアラミタマの「悪意のヤミカ」。全身から腐臭を漂わせた、巨大な魔獣。
元々はただの人間であり、「悪意のヤミカ」が恭介自身を殺して成り代わっている。その際に恭介の記憶を全て写しとり、違和感が無いように取り繕った。

・宮野たまこ
宮野恭介の妹。故人。14歳で亡くなった宮野恭介の実の妹。天津ヴィーナスズの大ファンであることなど、大体の部分は篠崎球子に受け継がれている。
今回は特に彼女についての情報は出なかった。

・逢坂総司 種族:半妖
 世界規模の超常対策機関「NEXUS」のリーダーを勤める男。まだ若いが、父譲りのカリスマで皆をまとめる。
 今回のゲスト出演NPC(you say勝手に使ってすまんね)。メタ発言の塊となっているw高レベル帯では彼が依頼人になることも多くなると思う。

・♣のJ
 池鴉の連盟の工房長として、3年前の回想に出演。彼もゲストみたいなもんである。正直今回のシナリオには関わりが薄い。

・藤村 種族:人間
 シキミの上司として右圭に「悪意のヤミカ」討伐を頼んだ男。右圭がカミガカリとして覚醒したときに、傷ついた彼と一般人を背負い逃がすこと等をして活躍した。ステッキをついた壮年の男性である。
 OPでの思いつきで10秒で考えた結果生まれました。肩ポンじいちゃんとお呼びください。

◯池鴉カリキュレーターズの選手たち
・宮本雅史
 圧倒的エース

・坂川隼人
 チームリーダーであり、ショート

・長野武芳
 チームの外野選手

・安倍慎二
 チームのキャッチャー

天津ビィーナスズの選手たち
・野球坂博文
 4番バッター。野球坂兄弟の弟。とあるシナリオに出てきたNPCの親戚。

・野球坂浩康
 5番バッター。兄のほう。多分相撲も好き。

◆重要ワード
・池鴉カリキュレーターズ
 1年近く前に行われた「テニヌオブベースボール」というシナリオで唐突に生まれた球団。本拠地は池鴉のクロウドーム。前年度2位チームであり、躍進中。電卓会社がスポンサーであり、今回のシナリオで株式会社ヤフルトもスポンサーとなった。何故電卓会社がスポンサーとなったのか……?
 ちなみに「テニヌオブベースボール」のGMは自分じゃないです。(セッション記録はよ!)

・天津ヴィーナスズ
 今回のシナリオで唐突に生まれた球団。語呂悪いとか言ってはいけない。前年度1位チーム。本拠地は天津市にある天津市民球場。
 神社と市がスポンサーという珍しい球団。星宮神社の神霊たちはみんな夕方になると球場に現れて応援しているらしい。

・NEXUS
 日本国内だけでなく世界中に存在する超常機関をまとめ、強力なアラミタマや「シャイターン」を倒すために日々奔走する新しく出来た組織。高レベルPCを初期作成で作るなら、この組織に属して欲しいです。リーダーは逢坂総司(10LV)。

◆法則障害

・暴君の領域
・呪圏拡大
・呪詛増強
によって超人野球への違和感を日本中で無くして、

・魍魎の巣
・異界超遊戯
・天変地異
・偽りの理想郷
・暴君の領域
によって不死のモノノケを発生、卓也に契約を迫ったり、篠崎球子という存在を生み出した。

・超飲料水作成
でドーピング飲料ヤフルトを作ってカリキュレーターズの選手を超人化した。

◆感想
 9時間にも及ぶシナリオにお付き合い頂き大変ありがとうございました。前日にシナリオ作ってくるよ-と言ったにも関わらず、寝落ちして何も出来てなかった時には青ざめましたが、なんとかお昼過ぎには始められました。待たせてしまって申し訳ない。
 しかし流石にクオリティに粗がありました。全力で伏線みたいなものをばらまいた結果、全然関係ない所を調べさせちゃったりして無駄に時間を掛けて申し訳ないです。まだまだGMは慣れませんね……修行が必要です。
 今回のシナリオでは池鴉における高レベル帯のシナリオの片鱗である、と理解していただけると嬉しいです。正直はっちゃけ過ぎました。実はリベクルを除くと、自分のシナリオで最長だったみたいです。道理で疲れたわけだ……。
 次は新入生のためにシナリオ書くぞー!遅くまでお疲れ様でした!
Comments:[3] / Trackback:[0]
この記事に対するコメント
青衣@桜沢 いやぁお疲れ様でした。テニヌのぶっとび感がとても楽しかったですw
たまこの存在がおかしいのは割と序盤にわかったけど、宮野の妹という発想はなかったなぁ…なるほど、という感じです。
あと、ホームラン打ててよかったw
回避については、固定値20ですからねぃ…そのかわり、抵抗半減がくるとぽっくりくったりします、はい。Lv9ではパフォーマンスでも覚えようかしらん…。
次も楽しみにしてますーv」
ゆっくり GM&セッション記録お疲れ様。
テニヌオブベースボールをここまで愛してくれてありがとうw
あれと違って今回はしっかり野球してたわ。その野球がおかしかったけど。
テニヌオブベースボールのセッション記録も頑張ってみようかな……
ぽんず 全て思いつきだけのシナリオだったので、矛盾が起こらないかヒヤヒヤして回してました……。

青衣ちゃんに物理で当てるのは無理です……。命中上がるタレント使っても同値勝負だろうしなぁ。やはり魔法しかあるまい

相撲川さんは流石に出せなかった。テニヌオブベースボールは自分の2回目のPLとして参加したシナリオだから、思い出深いです。」
名前:
コメント:

   
この記事へのトラックバック
トラックバックURL: http://hypslog.blog75.fc2.com/tb.php/999-d6149592
TOP